スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月あかりランチ 感想

2013.06.04 10:35|エロゲ
cs2_2013_06_04_09_59_11_533.jpg

以下、EX-ONEさんから5/31日に発売された
月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』の私的感想です。

※極力ネタバレは避けておりますが、話の大まかなあらすじ程度は書かれているのでご注意下さい。


月あかりランチ 概要

― 俺がお前たちの願いを叶える、オズの魔法使いだ!

本作は魔女、様々な世界、といったファンタジー要素と共に夜の学園という
他作品に無い珍しい雰囲気の作風に、シナリオを含め非常に期待しておりました。
体験版を1人のヒロイン編を丸ごと公開するなど、注目を集める本作ですが
どのような作品だったのか、さっそく感想を書かせていただきます。




登場人物/CV

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE

物静か系元気系癒し系お嬢様系
定番何処ではありますが1対1の会話が非常に丁寧に描かれておりそれがヒロインを引き立て
こんな娘居たらいいな~って思う「アキ」を初めとして大変魅力的ですよねー
プロローグからニマニマしっぱなしでした

サブキャラも含めキャラが非常に立っていて、登場人物の魅力に置いては最高ですねw
そんな彼らを演じられる声優さん達、演技配役共に非常に良かったかと


BGM/演出/その他

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE

BGMがこの独特な夜の学園の雰囲気や、なんとも言えぬ優しい作風を作り出しています
プレイして後半に気づいたんですが、自然と目口パチがありましたねw
それくらい違和感ありませんでしたし良かったと思います。
ただ一部で演出甘いなーと、他作品比では思う所もありましたね。


シナリオ

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE

癖もなく非常に読みやすくて良かった
ただ気になった点としてはダイジェスト感を感じてしまった事。
一部ルートやシナリオの特性上気になる部分もありました

これはフユ編エピローグでも示唆されるように「トゥルーエンド」形式のシナリオを重視された作品のため
仕方ない部分もありますが、プロローグ後にもうちょっと共通ルートがあったなら緩和されたかなと
いずれも「あれから○○、変わらない日常が続き」と。その日常が見たいんですと
キャラの魅力に優れ会話の評価が高いからこその指摘である事も一応付け加えておきます


Hシーンに関して

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE

完全に委託なのかな?エンドロールみて気づいたんですが、本編のライターさん以外の担当だったかと
特に感想もない感じではありますが、せっかく別の方担当ならもうちょっと量が欲しかったなと
もちろんヒロインもですが。ええ、ミナミさんですよ。全キャラ合わせたら萌えゲーではがんばってるほうですが
後、他ライターに任せたからなのかは知りませんがアブリルさん黒髪って事になってますよw
※シーン回想3つ目最後の最後、俺は美しい黒髪を包むように(ry


プロローグ ― 4時間 ※プレイ時間は目安です

展開、主人公やヒロインの反応から会話まで丁寧ですよね~
見ず知らずの相手に対して手探りで交流していく感じがまた
すごくこう派手な訳ではないけど、引き込まれるというか

共通ルート=プロローグなのかな?
OP流れた後はスタート画面戻って、後は各ヒロイン選択方式ですので共通ルートらしきものはないです
私の総プレイ時間で約25時間くらいで、そこそこのボリュームでしょうか

cs2_2013_06_04_09_58_05_299.jpg


各個別√

推奨攻略順: フユ → 夏乃 → アブリル → アキ(3人攻略後解放)

アキ編がトゥルーですので、作品の特性上各ヒロイン編では語られない事も
それがなければ、共通ルートっぽさを楽しむといった面でもアブリルを最初にプレイ
と言いたい所ですがある程度ネタバレ関係もあるので順番通りがいいのかな
とは言えまぁ好きな順でも問題はないかと


■ 水際フユ編 ― 5時間

TK-005_pc_e001.jpg

1つ1つの心境の変化だったりその際に訪れる彼女の変化も丁寧に描かれてるから
ぐっと来る台詞も多いですよね~じわじわきました
無知ゆえのストレートな発言に笑わされる場面も多かったですが、徐々に可愛くなって仕方ない

ただ終盤はどうしても物語の謎を、足早に進んじゃう感じでどうしてもそっちが気になってしまいますねw
しかしプロローグパートが気にいった方はフユ編も彼女自身の物語が丁寧に描かれてるので
是非体験版2で最後までプレイされても非常に楽しめるかと


■ 皇夏乃編 ― 4時間30分

TK-005_pc_e002.jpg

良くも悪くもフユルートは彼女自身よりも物語の根幹に目がいってしまったが
純粋にこの夏乃編は彼女自身のシナリオを楽しめるものとなっていて非常に良かったー
平和な世界だからこそ持つ危うさなどが、夏乃ちゃんの印象とギャップになって
彼女らの世界の設定を活かした展開も新鮮で面白い。

フユ編も十分シリアスなはずなのに、結構シリアスに感じる内容でしたが
夏乃ちゃんの姿に癒されて、じわじわ~と胸打たれる姿もあったり大変良かったです
この個別ルートで抱いた良い印象は、後の展開にもグッ来る要因になりますね


■ アブリル=ポワッソン編 ― 4時間30分

TK-005_pc_e003.jpg

ちょっとシナリオは他ヒロインと比べて弱かったかな?と
展開も含め「これが共通ルートなんじゃないの?」と自分はこれで納得してしまいましたが
声優さんの演技を含め非常に好きなヒロインなんですよね、普段余裕ぶってるのに踏み込むと弱かったり。

まぁちょっとアブリル自身のシナリオを楽しむ、という点では残念ではありましたが
いいなって思う月あかりランチの世界の1つが見れたのでその点に関しては良かったかなと
ただ共通ルートでやって欲しかったと


■ アキ編 ― 3時間30分

TK-005_pc_e004.jpg

アキ編は前編後編というような感じで「アキ編」と「終章」で別れています。
とは言え一応一区切りにしている感じなだけで、アキ編はもう少し日常は続きます・・・と言った所
そして待ちに待ったアキとの会話ですね。やっぱり癒されますわー
ほんと隣に置いておきたくなるような女の子ですよねw


■ 終章 ― 4時間

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE  『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE

いやー正直シナリオには期待してた面が大きかったのも事実ですが
そこまでではないだろうと思ってたら、夏乃の辺りでボロっときちゃいましたね~w
もちろんあっと驚かされるものでもそういった結末でもありませんでしたが、それでも
たぶん声優さんの素晴らしい演技と、夏乃編でのシナリオから涙腺緩んでたんでしょうかね

やっぱり世界観や登場人物の魅力が良いだけに、グッと来ました
個別でも思う所があったフユや夏乃の最後には、自分は思わずボロっと来ちゃいましたし
大変良いものを持った作品だな~と、シナリオ面でしっかりしている作品に出会えて良かった

ただ不満だったのはアキとの恋愛パートが物語りの展開のため足早に進んでしまった感があった事
やっぱり気になる部分や個人的に疑問に感じた最後の展開、詰めの甘さもまったく無いわけではないので
多くはネタバレになるのでこの項目では明かしませんが、次項目にて少し反転させて書きたいと思います


ネタバレ/気になった点 ※文字を軽く反転させております

まず個人的な感想含め、展開へのご指摘から。
最後には予想のついた結末ではあったものの、妙にアキが聞き分けが良すぎるなと
あっさりした感じがどうしても、最後の別れもそうですが違和感に感じました。
こういう展開もあると思うし、主人公への想い、ハルを生み出した理由を考えた上なのはわかるけど
アキが初めて星影学園に来た時泣いて想いを理事長の前で訴える姿にブワッと来てしまった自分としてはそう感じました。

エピローグの先生のCGも違和感がかなり強かったし、卒業式の演出、最後の別れの順番なども。
もう少し良くしようと思えばできたかなと。さすがにあののっぺりした影には笑いそうになった
私自身の感想としてはこれなら、全員で再開していつか夢見た公園での続きを、みたいなのもアリかなと
最後まで特別明かされない事も無く丁寧に描かれてたので、定番ではあれど最後だけそういう"語らない"演出になったのかは疑問でもやっとした方もいると思う


月あかりランチ 総評

CIMG3614.jpg CIMG3607.jpg

いやー久しぶりに物語の世界観に引き込まれ、ホントにどっぷりと浸かっていた感じですね
それだけこの独特な夜の学園の雰囲気というか、それらを作る音楽や演出も良かった

そしてクオリティや結末には様々なご意見それぞれあると思いますが昨今のエロゲ事情にしては
しっかりとしたシナリオの構成は評価でき、後は個人の好みじゃないでしょうか
私自身も上記反転させた項目にて書いた様に、良い作品と感じたからこそ「こうだったらいいのにー」
といった感想を持ちましたので。

原画家さんの描かれる可愛らしい絵もそうですが、様々な要素が引き立てる登場人物の魅力、作品の雰囲気
設定を初め極端な破綻もなく、丁寧に描かれるシナリオに派手さこそ無いものの
綺麗にまとまった作品で、文字通り「良作」という評価が当てはまる作品でしょう。

― 以上が感想となります。



『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE 『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE 『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE 『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE

ミナミせんせの保健体育べんきょーになるね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

すーぱぁーまりも64

Author:すーぱぁーまりも64
┌(┌ ^o^)┐エロゲェ…

おしながき
■【ブログ案内
■【レビュー環境
■【レビュー製品一覧
■【エロゲ感想記事一覧


Resolution: 1600×900 ↑
Google Chromeブラウザでの閲覧推奨
御用の方は以下のメールアドレスまで



Twitterボタン

エロゲ感想記事アーカイブ

ヘッドフォン記事アーカイブ

カテゴリ

openclose

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

月別アーカイブ

2020年 12月 【1件】
2020年 01月 【2件】
2019年 12月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【9件】
2012年 05月 【10件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【18件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【17件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【7件】
2011年 04月 【5件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【1件】

ブログ内検索

相互リンク

コピーライトポリシー

当ブログに掲載されている会社・製品・ゲーム名等は各会社や団体等の登録商標もしくは商標であり、 画像・データの著作権は各会社や団体等に帰属します。

問題がある場合プロフィール欄のメールアドレスよりご連絡下さい。確認後、早急に対応させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。