スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NZXT Phantom 410 White レビュー

2012.02.23 03:45|PC
                 /  \ 
  (^o^) 三      (^o^)/    (/o^)   ヘ(^o^)ヘ
  (\\ 三    /(  )      ( /       |∧
 < \ 三  / />      / く       /
                   
            
   N        Z        X        T


NZXT Phantom 410 (Color: White)のレビューです。

phantom410 (1)

このPCケースはNZXTから発売されている人気のフルタワーケース
Phantom』のミドルタワーモデルになります。

フルタワーモデルの『Phantom』と比べて以下の点が変更されています。

・ベイ数や裏配線用の穴の削減
・電源横のHDDベイ置き場の撤廃、VGA横のHDDベイが取り外し可能に
・サイドパネル120mmファン(x2)の撤廃、標準でサイドファンは付属されない
・標準でサイドパネルがクリア仕様(無印は要オプション購入)、サイドファンスロット(x2)が120/140mm(x1)に変更
・フロントの5.25インチスペース用のドアの開く方向が反対に
・ファンコンが簡略化?(小→中→大の3段階調整の切り替えスイッチのみ)

ではさっそく見ていきましょう
なお、当方の環境はプロフィール欄からどうぞ


概観/作り/付属品


phantom410 (4)  phantom410 (5)

ミドルタワーの中でも特に重い9kg (普通は6~7kgほど)
かなり綺麗な白、場所によって材質が違う
サイドパネル/内部はスチール、フロント/トップのカバーはプラスチック
フロントドアを開けると5.25インチドライブスペース

phantom410 (10)  phantom410 (13)  

付属品はケース内の箱に入っており、必要最低限といった所
フロント/トップカバーを外す際はまずフロントから
下から持ち上げるように外す
それから前面から後方へ向けてトップカバーを外すとうまくいく

phantom410 (9)  phantom410 (14)
  
堅牢性や質感も一般的なミドルタワーを上回る
この辺はPhantomと変わらないはず、しかし一部作りに不安もある
左画像の様にサイドパネルの歪み、細かい事言えばこういった部分もチラホラ
カバーを外すと内側は汚く、サイドのクリアパネルの端のほうが欠けてたり

少々検品体制に疑問を感じる
Made In Chinaでもいい、せめて徹底した自社の管理体制を敷いて欲しい
表面だけ見繕ってもユーザーとしては不安に感じる人もいるのではないか
そして電源ボタンは誤爆しやすい 私もこの記事執筆中に謝って再起動させてしまった...


組立て


phantom410 (16)  phantom410 (17)

大きさは同程度だがミドルタワーの中では部分的に余裕があるため
非常に楽に組立てができた
(真ん中のHDDベイ部分が取り外し可能な上、裏配線も一役買っている)

※M/B電源のEPS 8pinを裏配線する場合は延長ケーブル必須
電源付属の物で延長してギリギリ届いた
画像では見難いがかなりギリギリ、狭いスペースを通すのに苦労した

しかし裏配線にこだわると裏側は一般的な幅の狭さ
ファンコン/USB等のケーブルも加えて非常にこちらは余裕がない
組立てる際この配線に一番時間がかかった
裏配線にこだわるならせめてケーブル脱着式の電源を推奨する

phantom410 (15)  phantom410 (26)

画像左はファンコン/USBの基盤
HDDはツールフリー仕様だが取り付けが大変
画像右の部分をHDDの横穴に固定するが側圧が強く、両側をはめ込むには力がいる
尚且つこの部分に巻かれているゴムが柔らかく外れやすいので
場合によってはこれが邪魔になりHDDがうまく固定できない

phantom410 (25)  phantom410 (27)

5.25インチドライブは前面が飛び出る形になる
フロントカバーが角と引っかかるので途端に取り外しが大変に
5.25インチの固定には黒い芋虫みたいなのがある
これが意外と使いやすく固定が楽なのだが裏側にはなぜかないので
結局反対側をネジ固定するためせっかくのツールフリーの意味が...


完成


phantom410 (20)  phantom410 (18)

LEDがついてるのはトップファンと電源ボタン近くのみ
ファンの回転数を上げると同時にLEDの光も強くなる
非常にすっきりした感じで素敵 ふははっ

phantom410 (24)  phantom410 (23)

同じミドルタワーケース 『R120-V3』との比較
Phantom 410のほうが若干大きいが
基本的には一般的な物と大きさは同等と考えても良いだろう


冷却性/静音性


HDDのゴリゴリ音やCPUクーラー(リテール)の音が際立って仕方ないほど
ファンの回転数最小だと想像以上に静か
わたくし現在PCオーディオをやっているためこれは嬉しい
最初起動した時は本当に驚いた

最大にするとそれなりに音も大きくなるが十分妥協できるレベル
発売当初話題になったファンの異音も私の固体では無い
もう既に修正済みか

[アイドル時]
小→中→大・・・概ね2~3℃下がる

[負荷時]
小→中→大・・・4℃前後下がる


M/B上の温度は目に見えて下がる(6-7℃)
パーツ毎にも多少ながら冷却効果はあるがごく僅か
吸気と排気の効率が上がる程度では影響は少ないだろう
今回計測した時期が冬場というのもあるはず
夏場近くになったらもう一度計測する予定だ


-総評-


良さはそのまま受け継がれている
・・・悪さも受け継がれているのは痛いところだが
Phantomの評価の高さもうなずける

Phantom 410は冷却/静音どちらもこなせる優等生だ
やり方次第では両方のニーズにも答えられるだろう
個人的にも非常に満足

ただし当記事執筆時にて無印と410の価格差はあまり無い
フルタワーの大きさが許容範囲であれば無印を選ぶと良いだろう

phantom410 (22)  phantom410 (21)  

ふつくしい・・・ッ!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

純正ファンコンについて

このレビューを参考にしてPHANTOM410-Wを買ったのですが、純正ファンコンについて質問があるのですが、よろしければ教えてくださるとありがたいです^^ 初自作です。

3ピンのコネクターが7つ付いていたのですが、これは全てのファンを純正のファンコンで7基とも制御できると考えていいのでしょうか? またファン4ピンのコネクターはファンコンに電気を供給している物でしょうか?
m(_ _)m

No title

>>自作初心者さん

コメントありがとうございます。
7基同時制御は可能です。

" またファン4ピンのコネクターはファンコンに電気を供給している物でしょうか?"

ファンについてる4pinコネクターの事ですか?
ファンからファンコンに向かって電機を供給する事はなく、普通は逆だと思います。

No title

早速の返信ありがとうございますm(_ _)m

ファンコンは最大7基制御可能なのですね^^

すいません誤解をあたえる書き方をしてしまいました。 ケースについているファン4ピンのコネクターは何に電気を供給しているのかよく分からない状況です。 よろしくお願いしますm(_ _)m

No title

>>自作初心者さん

もしかしたら自分が質問をそのまま受け止めてしまっていたかもしれませんw

電源→4pinメス→4pinオス→○○○
『ケースについているファン4ピンのコネクタ』が4pinオスだとしたら
つまり○○○の部分が質問の答えですか?

だとしたら4pinの先を辿ってみるとわかると思いますが
主にファンコン、電源スイッチに繋がっているので
その部分まで電気を供給してることになると思います。
更にたどって細かいことを言えばそこからいくつもある細いケーブルの先
ファン3pinコネクタの先の各種ファンまでですが。

No title

分かりました。

付属の説明書を読んで見ても良く分からなかったのでなんのコネクタかと思っていましたが、なんとなく分かった気がします。
また何か質問をするかもしれませんがよろしくお願いします。

ご親切にありがとうございましたm(_ _)m

No title

私もこれレビューを参考にしてPHANTOM410-Wを買ったのですが、ファンコントローラが機能せず困っております。どうかお力をお貸しください。

ファンはすべて機能しています。ただ、ファンコントローラーの大中小どれであるのかはわかりません。初めから一定の速さでしかまわりません。

よろしくお願いします。

No title

>>自作初心者2さん

ファンは全て起動している、という事は
恐らくファンコン経由でファンは回っているので単純にファンコンの初期不良だと思われます。
もしくはファンコン/USB端子/ヘッドホン・イヤホン端子の基盤に刺さっているケーブルはちゃんと刺さっていますか?
(画像参照→http://blog-imgs-24.fc2.com/m/a/r/marimo64/20120223014304e9c.jpg)
カバーを外して確認できると思います。
ちなみにケース前面向かって手前が「小」奥が「大」です。

No title

お返事ありがとうございます。

先日、初期不良の可能性が高いといわれ、交換してもらえたのですが、新しいケースで組みなおしてもやはり同じ状態です。

ちなみに管理人さんが挙げてくれた画像とは違う仕様のようで、ファンコンのところは抜き差しできるコネクタではなく、白い端子で直接基盤に接着されています。
(一台目も二台目もそうでした。)

このタイプは全て不良品なのでしょうか?…

No title

>>自作初心者2さん

どうでしょう、さすがに基盤等までは詳しく無いので当方もわかりかねますが...
もしかしてファンコンと電源と繋げるケーブルを間違えたりとかしてませんか?

それでもダメな場合はこれら情報も合わせて事の顛末を
一度しっかり代理店さんに問い合わせたほうがいいと思われます。

No title

わかりました。問い合わせてみようと思います。


ただ、ファンコンと電源をつなげるケーブルとは
(ペリフェラル4ピンコネクタ)http://www.pasonisan.com/z_im/rev6/z10_50w500unit7134.jpg
↑のコネクタで正しいですか?

No title

>>自作初心者2さん

それで合ってます。

No title

ちゃんと動きました!

原因はケースにペリフェラル4ピンのメスが2つあった(片方は導線4本、他方は3本)ので2つとも電源とつないでいたことでした。3本の方のみつなぐと動作するようになりました。

ありがとうございました!!


ところで、導線4本の方(=端子が一方は3ピン、他端がペリフェラル4ピンのメスとオスがセットになっているケーブルでした)は何だったのでしょうか?

No title

>>自作初心者2さん

どういたしまして。

http://blog-imgs-52.fc2.com/m/a/r/marimo64/CIMG2450.jpg

http://blog-imgs-52.fc2.com/m/a/r/marimo64/CIMG2451.jpg

こちらの画像をご覧頂くとわかると思いますが
1枚目の画像、つまり右側の黒いペリフェラル4pinがオスでこれがケースから伸びており
これをすぐ左にある黒赤黄色のケーブルで繋がれた電源側のペリフェラル4pin(メス)と接続しています。

ちなみにこの尖った端子があるほうがオス、画像2枚目のオスの端子を挿すことができる穴の開いた端子のほうがメスです、お間違えのないように。

当方のPhantom410はこちらのペリフェラル4pinのみ接続しております。

つまり何が言いたいかと言うと、当初のコメントでご指摘されたとおり
ファンコン基盤に加えて恐らく端子の種類も変わっているのではないでしょうか?
当方の環境ではケース側に片方3pinのケーブルは見当たりません。
画像で貼ったとおり、ペリフェラル4pinのオスメスが片方ずつについてるやつのみです。

ペリフェラル4pin電源のオス・メスは片方(基本はオス)を電源に挿せばいいです。
余った側(メス側)は他の機器へ繋げて分配していくためのものです。

3pinと4pinに関しては、基本的には4pinだと3pinでは不可能な風量(回転数)の調節ができます。
これがファンコンにどの程度影響するかまではさすがにわかりかねます。

No title

なるほど…納得しました。

本当に親切なお返事ありがとうございました。

このブログのレビューはとても参考になります!
今後も拝見させていただきます!

No title

>>自作初心者2さん

了解です。
今後ともよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

情報が少ないのでちょっとエスパー回答にはなるんですが
ピンの種類さえわかれば、決してどこにでも刺せるものではないので
必ず対応してる刺す場所はあります。

M/Bの説明書と照らし合わせてみたり
以下の様なサイト様の解説を参考に探せば大丈夫だと思います。
まぁたいていは電源からケーブルをひっぱってきてそれと繋げて電気を供給か
M/Bの基盤に直接差し込むかのどちらかなのですけどね

ttp://hatoloblog.blog54.fc2.com/blog-entry-285.html

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

すーぱぁーまりも64

Author:すーぱぁーまりも64
┌(┌ ^o^)┐エロゲェ…

おしながき
■【ブログ案内
■【レビュー環境
■【レビュー製品一覧
■【エロゲ感想記事一覧


Resolution: 1600×900 ↑
Google Chromeブラウザでの閲覧推奨
御用の方は以下のメールアドレスまで



Twitterボタン

エロゲ感想記事アーカイブ

ヘッドフォン記事アーカイブ

カテゴリ

openclose

コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

月別アーカイブ

2020年 12月 【1件】
2020年 01月 【2件】
2019年 12月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【9件】
2012年 05月 【10件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【18件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【17件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【7件】
2011年 04月 【5件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【1件】

ブログ内検索

相互リンク

コピーライトポリシー

当ブログに掲載されている会社・製品・ゲーム名等は各会社や団体等の登録商標もしくは商標であり、 画像・データの著作権は各会社や団体等に帰属します。

問題がある場合プロフィール欄のメールアドレスよりご連絡下さい。確認後、早急に対応させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。